ニキビ 保湿クリーム

実際に使ってみて気に入っている保湿クリームはこちら

  • ニキビがあると乳液使えない…
  • ニキビがあっても使える乳液が、しりたい
  • ニキビ肌向けの化粧品では乾燥してしまう

ニキビ,保湿クリーム,ランキング

ニキビはあるけど乾燥が気になるこの季節・・・
どんな乳液・保湿クリームを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

 

ニキビがあるときの乳液の選び方は簡単。とにかくニキビを悪化させにくいものを選ぶことが大切です。
乳液はニキビを治すものではないです。悪化させないために、ニキビ肌向けのものを選びます。

 

このサイトでは、ニキビ肌向けの保湿クリームの紹介・乳液の選ぶコツをまとめました。
どんな乳液が良いのか迷っている方は参考にしてみてくださいね。

 

ニキビ 保湿クリームの選ぶポイント

  • ノンコメドジェニックテスト済を選ぶ
  • ニキビを防ぐ成分入りを選ぶ
  • ジェルタイプの保湿剤を選ぶ
  • 保湿成分に何が使われているかを見る

 

ノンコメドジェニックテスト済みを選ぶ

ノンコメドジェニックテストとはニキビの原因となるコメド(いわゆる白ニキビや黒ニキビ)ができにくい製品であるかを、試験によって証明された化粧品です。

 

ニキビ予防成分入りを選ぶ

ニキビ予防の成分として、多くの化粧品に使われているのがグリチルリチン酸ジカリウムですね。甘草エキスともいわれています。

 

オイル×!ジェルタイプがおすすめ

ニキビができやすい肌の人は、オイルやクリームなど油分の多い化粧品で悪化することが多いです。
確かにオイルは水分を逃がさないためにとても優秀なんですが、ニキビ肌の人は毛穴が詰まり炎症をおこしやすくなるため避けたほうが無難です。

 

保湿力バツグン!セラミドがおすすめ

ニキビ肌の人は、オリーブ油などのオイルが入った化粧品は避けましょう。オリーブ油に含まれるオレイン酸がニキビの原因となるアクネ菌の餌になるといった説もあります。
保湿力抜群の成分はセラミドです。セラミドは肌の水分をつないでキープしてくれます。
つけすぎるとべたつく心配があるため、ニキビ肌向けに作られたセラミド配合化粧品を選ぶのがベストです。

 

 

ニキビ肌向け保湿クリームの選び方

コスパ良し! 商品名2

安くて使える保湿クリームはこちら

 

 

 

ニキビがあるときには保湿クリームは使ったほうがいいの?

 

ニキビがあるときには保湿クリームは使ったほうがいいの?使わないほうがいいの?

クリームの種類によってはニキビができやすくなります。
ニキビ肌向けのジェルタイプのクリームや、保湿力のあるセラミドなどが入った美容液で乾燥対策するのがおすすめ!

 

 

ニキビができるのに、肌全体は乾燥している私。
乾燥肌向けの化粧品を使いたいんだけど、こってりしたクリームやオイルを使うとすぐに顎やほほにニキビが出来てしまいます。

 

とりあえずニキビケアを優先して、保湿は諦めた方がいいんじゃなの?なんて思っていました。

 

 

 

が、違うんです。
そもそも、「保湿ケア」=「クリームやオイルで蓋」と思っている人が多いですが(私もそうでした)
「保湿ケア」は「肌に水分を与えること」が大事なんです。
つまり、化粧品でいったら、クリームやオイル・乳液など最後に使う化粧品ではなくて、「化粧水」や「美容液」で水分をたっぷり与えてお肌を潤わすことが大切なんですね!

 

 

そして、最後に使うクリームは、ジェルタイプの軽めのものや、化粧品のメーカーによっては美容液が最後というのもあるのでそれを使うといいでしょう。

 

基本的にニキビ肌向けの化粧品シリーズには、こってり系のクリームではなくジェルタイプの保湿剤が使われている場合がほとんどです。
ニキビができやすい方は素直にそのシリーズをライン使いするほうがいいですね。

 

 

ニキビに悩んでいる人で結構多いのが、「洗顔」だけニキビ肌用にしてあとは何も変えてない人。
それで、ニキビ減らないし、全然効果ない〜って言ってる人ですね。

 

 

これはやめたほうがいいですよ。基礎化粧品を変更するなら、すべて変えてしまったほうがよいです。

 

せっかくその新しく使っている洗顔があなたのニキビに効果的であっても、化粧水や保湿クリームが肌に合っていなくて、毛穴がつまりニキビが繰り返しているって可能性だってあります。

 

 

変に保湿クリームだけはこのクリームを使う!と我流のケアをするよりはきちんとニキビ対策されている化粧品を使ったほうが良いです。

 

ニキビ肌向けの化粧水ランキングはこちら→ニキビ化粧水ランキング

 

ニキビを隠すメイク方法・ファンデはこちら→ニキビファンデーションランキング